保険選びは保険代理店FPに相談が常識

生命保険の見直し・比較なら【保険ゲート】
(株)ディノス・セシール

保険ゲート  >  保険選びはFPに相談が常識

保険選びはFPに相談が常識

頼って安心! コンシェルジュの眼で確かな選択、保険は保険のコンシェルジュ「ファイナンシャルプランナー」に相談がおすすめ

保険選びと家電選びは同じ!?

保険選びと家電選びは同じ
たとえば、テレビなどの家電を購入する場合、多くの方は品揃えの豊富な家電量販店におもむき、いろいろなメーカーの商品を比較しますよね。そして分からなければ専門スタッフに相談しながら、予算やニーズにあった家電を安く購入する・・・。保険も実は、家電量販店の専門スタッフのように、複数のメーカーからお客様のニーズにあったおすすめ商品を提案してくれるアドバイザーのような方がいるのをご存知ですか?

FP・ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナー
FP(ファイナンシャルプランナー)という職業、最近は人気の資格として、また家計の 節約アドバイスや家計簿チェックなど、メディアでの知名度も上がりご存知の方も多数いらっしゃるようです。
実はこのFPにもいろいろなタイプの方がいて、資格取得者だけでも20万人以上いると言われています。 でも、そもそもFPって、何なのでしょう?ここではまず、そのFPについて分かりやすくご紹介したいと思います。

ファイナンシャルプランナー(Financial Planner)、またはファイナンシャル・プランニング(Financial Planing)の略でファイナンシャル(財政・家計)のプランナー(立案・計画者)またはプランニング(計画を立てる)という意味です。 通称FPとも言われている職業、職種のことなのです。
※当サイトではFPとしてご紹介しています。

企業においても、税理士や弁護士などそれぞれの専門家からアドバイスを受けて 企業経営が行われるように、家庭においても家計(教育費・住宅購入資金・相続 費用・保険契約など)のコンサルタントを活用できれば安心ですね。 FPはお金にまつわる多角的な知識を持ち、税理士や弁護士などの特定分野の 専門家とは異なる包括的な視点でコンサルティングを行っていきます。 つまり、FPとはあなたのライフプラン(生涯生活設計)を実現させる「お金の専門家」なのです。

FPという概念と手法はアメリカで始まった経緯もあり、アメリカでのFP認知度は高く、社会的にも医師や弁護士に並ぶ地位となっています。

FPのタイプと特徴

独立系のFPのタイプと特徴

企業系FP(保険会社や銀行などに所属)の場合は、取扱い商品が限定されるため、本当に自分に合った提案をもらうのは難しくなってしまいます。 そのため、「失敗しない保険選び」を行う上では、特定の保険会社に所属しない複数社取扱が可能なFPに相談する方がおすすめと言えます。

保険ゲートのパートナーFPは複数社取扱い可能なFP

1.保険見直しの実務ノウハウが十分にある

「保障内容が良く・掛け金が安い」商品を組み合わせる提案は、単一の保険会社では困難な場合も。組み合わせのノウハウが豊富なFPだと、安心して相談できます。

2.最新の保険の専門知識を持っている

最新の保険商品が次々と誕生する保険業界。常に多くの商品情報を把握して必要な情報をチョイスして提案・・・、このような離れ業が可能なのは「複数社取扱い可能なFP」ならではです。 複数社の商品からお客様に提案した方が、お客様のためになることを知っている保険の知識が豊富な方が多いのが特徴です。

次に、FPに相談する6つのメリットをご覧ください。

他社とは違う「保険ゲート」3つの安心ポイント


プロによる保険相談サービス

お好きな場所&時間でご面談

サービスの流れ

キャラクター紹介

ビジネスパートナーお問い合わせ

保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.