医療保険の特徴と使い方

生命保険の見直し・比較なら【保険ゲート】
(株)ディノス・セシール

保険ゲート  >  生命保険の種類  >  医療保険の特徴と使い方

医療保険の特徴と使い方

医療保険

他人ごとではない生活習慣病

近年、生活習慣病リスクが増大しています。
若いときは大丈夫でも、不摂生な生活などからメタボ(メタボリックシンドローム)になるなど、
30代後半からの生活習慣病になる確率が一気に高まって行きます。

7大生活習慣病の死亡者数

※悪性新生物(がん)、脳血管疾患、心疾患、腎疾患、高血圧、糖尿病、肝疾患

保険加入は健康なうちに!

疾患に掛かり通院や薬を常用すると保険加入が難しくなります。
また保険加入できたとしても割増な保険料が適用されることがあります。
今は健康で大丈夫!と思っても、健康な内に保険加入しておくのが一般的な考え方です。

治療に専念できる環境作りを応援します

病気やケガで必要となってくる医療費は、健康な時には予想もできません。
また、就業が不能な状態になった場合には、毎月の生活費にも影響が及ぶ事もありえます。
入院のリスクに備えるのが医療保険です。

年齢が若い方が、リスクは低いので保険料は安くなります。
また、更新型は、更新時の年齢に応じた保険料となりますので、同じ保障内容であれば更新する度に保険料が上がります。
更新時に病気に掛ってしまうと再加入することができません。
今は、終身型の医療保険が主流です。
保険料も一定で変動なく、一生涯の保障ですので安心です。

医療特約との違い

定期保険や終身保険の主契約に付加される医療特約。
入院日額○千円や手術給付金の内容ですが、
これはあくまで特約契約なので主契約の終了と同時に保障もなくなります。
一般的には60歳や65歳で保障が終わってしまう契約がほとんどです。

保障内容の確認を忘れずに

医療技術の進歩により、医療現場も進化していきます。
いま加入している医療保険が時代遅れにならないよう、保障内容の確認は必要です。
保障内容の確認や見直しをおすすめします。

保険相談サービス
保険の種類

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み

他社とは違う「保険ゲート」3つの安心ポイント


プロによる保険相談サービス

お好きな場所&時間でご面談

サービスの流れ

キャラクター紹介

ビジネスパートナーお問い合わせ

保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.