生命保険の基本

生命保険の見直し・比較なら【保険ゲート】
(株)ディノス・セシール

保険ゲート  >  生命保険の基礎知識  >  生命保険の基本

生命保険の基礎知識

生命保険の基本

01、生命保険の基本

年代によって死亡時の備えの意味合いが違う

生命保険に加入している人の多くは、「生命保険は、万一の際にお金がもらえるシステム」という風に考えています。もちろんそれは間違ってはいません。70代の人が葬祭費用が出ればいいとして加入する場合などは、まさにそれです。しかし、年代によってはそういった漠然とした理由で生命保険に加入した場合、いずれ、本当に必要な保険金額で契約できているのか、本当にそれで万一の際が賄えるのか・・・といった不安が出てくる事になるのです。

医療費や入院に備えるといった目的で生命保険に加入しているのであれば、それは目的が決まっており、無駄はそれほど多く発生しません。しかし、死亡時の保障を目的とした理由で生命保険に加入しているのであれば、将来にわたるしっかりとした設計を立てた上で契約を行わなければ、無駄な保険料を支払い続ける事になってしまう可能性が高いのです。

たとえば、30代の世帯主である人が、万一の際の遺族の生活費の保障を目的として生命保険へ加入した場合でも、それだけで十分とは言い切れません。当然、葬祭費用も必要となりますし、お墓が用意できていないのであればその費用も必要になります。こうしたこまごまとしたものもきちんと考慮して保険金額を設定しておかなければ、この保険金額では足りない・・・といった事も発生してしまう事になるのです。

さらに、遺族への保障は一生涯にわたって必要になるわけではありません。いずれ子供は独立し、それほど大きな保障は必要ではなくなっていきます。このように、年齢と共に必要となる保障は様変わりしていく事がわかっていますので、「いつまではこれだけの保障が必要」「いつからはこれくらいで十分」など、世帯の状況と必要な保障をしっかりと見据えた保険設計を行わなければ、大きな無駄が発生する事になるのです。

30代の人の必要とする生命保険と、70代の人が必要とする生命保険では、同じ「死亡時のための保険」であっても、ここまで大きく異なっているのです。


生命保険の基礎知識一覧に戻る

失敗しない保険の選び方はこちら
01、生命保険の基本  >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み

他社とは違う「保険ゲート」3つの安心ポイント


プロによる保険相談サービス

お好きな場所&時間でご面談

サービスの流れ

キャラクター紹介

ビジネスパートナーお問い合わせ

保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.