保険ゲート  >  生命保険の基礎知識  >  死亡時の保険1・定期保険

生命保険の基礎知識

生命保険の基本

02、死亡時の保険1・定期保険

保険期間の定めがあるから「定期」保険

定期保険は、保険期間が定められています。たとえば10年間、15年間など、契約した期間が満了した場合、保険は消滅する事になるのです。たとえて言うなら、電車などの定期(券)と同じで、有効期限があるということです。

多くの定期保険では解約の意思を示さない限り自動的に保障が継続される仕組みになっていますが、最終的には保険会社やその商品によって決められた一定の年齢までとなっています。なお、「定期」保険を預貯金の「定期」と同じようなものと勘違いされている方が時々いらっしゃいますが、定期保険は期間が満了してもお金が戻ってくるわけではないのでご注意ください。


生命保険の基礎知識一覧に戻る

失敗しない保険の選び方はこちら
02、死亡時の保険1・定期保険  >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み
保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.