保険ゲート  >  生命保険の基礎知識  >  死亡時の保険1・定期保険

生命保険の基礎知識

生命保険の基本

02、死亡時の保険1・定期保険

メリットたくさんの自動更新

多くの定期保険は、自動更新となっています。基本的に、定期保険は契約期間の満了をもって保障を終了するものなのですが、保障が切れてしまってから新しく加入しなおすとなると、いろいろな手続きが面倒な事や、保障のない期間ができてしまう事などから、一定の年齢まで自動的に更新される制度が主流となっています。

この自動更新では、更新が自動的に行われますので、保障が途切れる事はありません。また、生命保険加入時にたいていの場合は必要とされている医師の診査なども、自動更新の場合は必要ないのです。もし、自動更新にしておらず、保険期間が満了し、保障が切れてしまった場合には、再度生命保険への加入という手続きを取らなくてはならないのです。当然その際には、新規加入という扱いになってしまいますので、医師の診査や告知などが必要になるのです。

自動更新でも新規加入でも、その際の年齢は同じですから基本的に保険料は同じです。しかし、その際に健康状態が変わっている可能性がないとは言えません。もし、健康状態が悪化していた場合、どうなるでしょう?自動更新であれば、告知や医師の診査が不要なのですから、保障を継続することができます。ところが、自動更新ではなく保障を切らしてしまい、再度契約しなおす場合には、健康状態によっては加入できないという事もありうるのです。割安な保険料で大きな保障が得られるのですから、定期保険が人気ナンバーワンの保険となるのも納得のできる話なのです。また、定期保険の期間は30年など長くなるほど、トータルではお得となるようです。

最近の定期保険は、自動更新である事が多いようです。基本的に、定期保険は契約期間の満了をもって保障を終了するものなのですが、保障が切れてしまってから新しく加入しなおすとなると、いろいろな手続きが面倒な事や、保障のない期間ができてしまう事などから、自動的に更新される「自動更新」という制度が主流となりつつあるのです。

この自動更新では、更新が自動的に行われますので、保障のない期間ができる事はありません。また、生命保険加入時にたいていの場合は必要とされている医師の診査なども、自動更新なら必要ないのです。もし、自動更新にしておらず、保険期間が満了し、保障が切れてしまった場合には、再度生命保険への加入という手続きを取らなくてはならないのです。当然その際には、新規加入という扱いになってしまいますので、医師の診査や告知などがなくてはならないのです。

自動更新でも新規加入でも、年齢は同じですから保険料に違いが出る事はありません。しかし、その際に健康状態が変わっている可能性がないとは言えないのです。もし、健康状態が悪化していた場合、どうなるでしょう?自動更新であれば、告知や医師の診査が不要なのですから、健康状態が悪化していても、関係ないのです。それこそ、病気になって治療を受けていたとしても、更新が自動的に行われ、保障は続くのです。

ところが、自動更新ではなく保障を切らしてしまい、再度契約しなおす場合には、健康状態が悪化していれば、引き受けがされないという事もありうるのです。このように、定期保険は最初の加入時にのみ健康であれば良く、さらに自動更新にしておきさえすれば、その後は病気になろうとも、怪我をしようとも、何も怖いものはないのです。さらに、安い保険料で大きな保障が得られるのですから、定期保険が人気ナンバーワンの保険となるのも納得のできる話なのです。また、定期保険の期間は30年など長くなるほど、トータルではお得となるようです。


生命保険の基礎知識一覧に戻る

失敗しない保険の選び方はこちら
02、死亡時の保険1・定期保険  >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み
保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.