保険ゲート  >  生命保険の基礎知識  >  死亡時の保険1・定期保険

生命保険の基礎知識

生命保険の基本

02、死亡時の保険1・定期保険

保険金は分割して受け取る事ができる

生命保険に加入している一家の大黒柱が万一の際、遺族が受け取る保険金を分割で受け取る事が可能な保険商品もあります。一般には「収入保障型保険」とも呼ばれており、保険金を年金のように毎月一定額ずつ受け取るようになっています。

保険金受け取りのイメージとしては、3,000万円や5,000万円といった非常に大きな金額のお金を、一度に受け取り銀行などに預けたうえで小出しにして使うのと同じかもしれません。しかし、そんな大金を持っているという事自体が非常に怖いと感じる人も多いはずなのです。ですから、毎月少しずつ、10万円や15万円といったように必要な金額が定期的に入ってくるほうが、遺族としては安心できるのかもしれません。

また、小さな子供を抱えたまま夫に先立たれた妻などは、これから先、子供が成人するまで生活を支えて行かなくてはなりません。もちろん遺族年金などの公的年金を受けながら、それとは別に毎月決まった金額が入ってくれば、安定した生活を送る事も十分可能となるのです。ただし分割して受け取る保険金は所得税の課税対象となるため、このタイプの保険を検討する場合は、その他の収入などを考慮することも必要でしょう。

一方、「やはり一度に保険金を受け取ってしまいたい」という人もいるかもしれません。そのような場合には、その時点での保険金額を一括で受け取る事も可能ですが、この場合には、分割で受け取る額の累計に比べて保険金額が少なくなります。

分割で受け取るのか一括で受け取る方法を選ぶのかは、遺族の考え方や、一家の大黒柱を失った後の生活の仕方によってさまざまとなります。生命保険に加入すると決めた時点で、契約者がどのような思いを込め、どのような趣旨でこの保険に加入したのか・・・など、思い起こしてみるのも良いかもしれません。


生命保険の基礎知識一覧に戻る

失敗しない保険の選び方はこちら
02、死亡時の保険1・定期保険  >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み
保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.