死亡時の保険3・養老保険他

生命保険の見直し・比較なら【保険ゲート】
(株)ディノス・セシール

保険ゲート  >  生命保険の基礎知識  >  死亡時の保険3・養老保険・他

生命保険の基礎知識

生命保険の基本

04、死亡時の保険2・終身保険

色々な事を想定して加入を検討する

貯蓄性の高い保険の代表格が、養老保険、そして個人年金保険です。いずれも非常に高い貯蓄性を備えており、それぞれに違った意味で人気があるようです。

養老保険では、貯蓄と共に保障を得る事ができるため、年齢も性別も問わず人気となっています。そして個人年金保険も高い貯蓄性を持っているものの、万一の際の保障という意味では、養老保険には劣っています。このように、それぞれに異なった特徴を持った保険なのですが、共通して言える事は「長い期間をかけて、大切なお金を運用する」という事です。もちろん、自分で運用するわけではありません。生命保険会社にお金を預け、運用してもらっているのです。そして、その期間は、一般には20年や30年といったものとなっており、5年や10年を長期とは呼んでいないのです。

こうして長期に渡って運用されたお金を、将来年金として受け取ったり、満期を迎えて満期金を受け取ったりするのが最終的な目的となっているのですが、場合によっては、途中で解約しなくてはならない場面も出てくるかもしれません。その際、あまりに早い時期に解約をしてしまうと、解約返戻金は払い込んだ保険料を下回ってしまい、損をする事になってしまいます。ですから、こうした貯蓄性の高い保険への加入を検討する際には、20年や30年といった、長期間の保険料支払いが十分に可能なのか?何のためにこの保険に加入するのか?などを、慎重に検討していく必要があると言えます。

検討が不十分なまま加入してしまうと、早期に解約しなければならなくなってしまうなど、損となるような結果を招いてしまう事もあるのです。「満期時には得」だとか、損得勘定だけで加入を安易に決定し、結局は継続できずに解約・・・では、あまりにもったいない話なのです。

20年や30年といった長い期間の保険料支払いは、想像以上に大変なものだと言えます。それを滞りなく行える自信があるのなら、これらの保険は非常にお勧めなものと言えます。


生命保険の基礎知識一覧に戻る

失敗しない保険の選び方はこちら
04、死亡時の保険3・養老保険・他  >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み

他社とは違う「保険ゲート」3つの安心ポイント


プロによる保険相談サービス

お好きな場所&時間でご面談

サービスの流れ

キャラクター紹介

ビジネスパートナーお問い合わせ

保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.