保険ゲート  >  生命保険の基礎知識  >  死亡時の保険4・その他

生命保険の基礎知識

生命保険の基本

05、死亡時の保険4・その他

誰にいくら残すための保険なのかを考える

生命保険に加入するという事は、契約者・被保険者・受取人の、少なくとも3名が関わるという事になるのですが、必ずしも3名必要というわけではありません。

例えば、契約者と被保険者が同一人物であったり、契約者と受取人が同一人物であると言った事も、一般的だからです。いずれの場合においても、被保険者が受取人になるという事はありませんので、生命保険の契約には、最低2名の人物が関係するという事になるわけです。

実は、この「受取人を誰にするのか」といった点は、生命保険加入に際して最も重要な点であり、保険加入の「なぜ?どうして?」に深く関わってくる部分なのです。そもそも、生命保険に加入しようと考えるのには理由があるはずです。自分に万一の事があった場合、経済的に困窮してしまうだろう遺族は誰なのか、その人のためにいくら用意してあれば良いのか、など、検討したはずです。また、そういった事を検討せずに、やみくもに保険に加入する事は無意味な事で、無駄そのものと言えるのです。

さらに、生命保険に加入している人の全てが、みな同じ保障内容のはずもありません。独身の人と子供が3人いる人とでは、お金のかかり方が違いますから、保障内容が同じで良いはずがないのです。当然、子供がいる人の場合には、万一の際に遺族が生活に困窮しなくて済むようにといった思いを込めて、ある程度保障額の大きな生命保険に加入している事でしょう。一方、独身者の場合には、残される遺族はいませんので、死後の整理資金あるいは葬式代といった目的かもしれませんので、比較的小さめな保障の場合が多いと言えます。

このように、生命保険の加入は、今契約しようとしている保険が「いったい誰のために用意しようとしているものなのか」をしっかりと把握できている事が重要なのです。また、その人のために「いくらあれば安心できるのか」といった事も、十分考慮した上で生命保険への加入を行うべきと言えるのです。

以前は、保険というのはいろいろな部分を自由に設定する事ができませんでした。例えば保障額がこれくらいだと、特約などの日額はこれまでが限度・・・などのような具合です。しかし最近では、自分が必要とする保障を、必要なだけ確保するなどが可能となってきているようです。このようなオーダーメイド感覚の保険が流行しつつある今、さらに無駄やムリを省きながら、必要な保障をできるだけ安く確実に確保し、将来の安心を手に入れて下さい。


更新時期は見直しのチャンス  >>

生命保険の基礎知識一覧に戻る

失敗しない保険の選び方はこちら
05、死亡時の保険4・その他  >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み
保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.