保険ゲート  >  生命保険の基礎知識  >  死亡時の保険4・その他

生命保険の基礎知識

生命保険の基本

05、死亡時の保険4・その他

団信で安心の住宅ローンも、連帯債務には要注意

万一の際の住宅ローンの問題は、団体信用生命保険への加入で解決できるという事がわかりました。ですが、実はこの団体信用生命保険の利用をしていても、そのローン返済の方法が「連帯債務」と言ったものになっている場合には、注意が必要となります。これは、親子など2名以上によってローンの返済が行われている場合を指すのですが、一方が死亡するなどしてしまった場合に、チャラになる住宅ローンはその一方の分のみとなるからなのです。つまり、生存しているもう一方の人の債務は、なくならないのです。

例えば親子で住宅ローンの返済を行っていたとします。団信割合を親が6、子が4としてあるローンの残債が2,000万円ある時点で、親が先に死亡してしまうと、チャラになるのは親の負担分の6割のみとなり、2,000万円ある残債のうち1,200万円が消滅するものの、生存している子の分の800万円はその後も返済していく義務があるのです。ですから、親子などで住宅ローンの返済を行っている場合には、団信の割合を上手に考慮し、一般的には先に死亡すると考えられる「親」の割合を高めにしておけば、万一の際にも住宅ローンが軽減できると言えます。

また、最近の団体信用生命保険には、「がんと診断されただけで返済が免除される」がん保険付きや、「三大疾病と診断されたら返済が免除される」三大疾病特約付きなどのような、時代に合わせたものが増えており、好評だと言います。


生命保険の基礎知識一覧に戻る

失敗しない保険の選び方はこちら
05、死亡時の保険4・その他  >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み
保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.