保険ゲート  >  生命保険の基礎知識  >  医療保険選びのポイント

生命保険の基礎知識

生命保険の基本

06、医療保険選びのポイント

異常分娩は保障対象となる

病気や怪我の治療を目的とした入院や手術に対応している医療保険では、通常の出産に伴う入院は保障していません。これは、出産が病気や怪我ではないからです。しかし、この出産も、異常分娩となってしまった場合には、医療保険の保障対象となります。

具体的には、帝王切開のように手術を行った場合などです。この場合、帝王切開が、医療保険の大前提となる「病気や怪我の治療」に該当するため、保障対象となるのです。通常は「出産では給付金を受け取れない」というのが一般的となっており、保険加入の際にもそういった説明をされている事が多いかもしれません。ですが、帝王切開などの場合には、例外となりますので、もし帝王切開などによって出産を行った場合には、必ず保険会社に対して請求を行うようにしてください。

これを忘れてしまうと、保険会社によっては過去にさかのぼって請求する事ができなかったり、期限が設けられている事もあるかもしれませんので、注意してください。


生命保険の基礎知識一覧に戻る

失敗しない保険の選び方はこちら
06、医療保険選びのポイント  >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み
保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.