保険ゲート  >  生命保険の基礎知識  >  医療保険選びのポイント

生命保険の基礎知識

生命保険の基本

06、医療保険選びのポイント

次の入院までの期間にも規定がある

がん保険をはじめ医療保険などでは、1回の入院に対する限度日数が設けられると同時に、通算限度日数も設けられています。しかし、がんの治療などにおいては、非常に長い入院を強いられる事が多く、限度日数の短い保険を契約していた場合、足りなくなってしまう事がほとんどです。また、限度日数の長い保険に加入していたとしても、それでも足りなくなってしまう事もないとは言い切れません。

こうした事態に直面した時、たいていの人は「限度日数内でとりあえず退院し、他の病院にすぐ入院しなおせばいい」と考えがちなのです。しかし、こうした事を全て認めていたのでは、保険会社は破たんしてしまいます。このような事から、どの保険会社でも「同じ病気および怪我による入院については、180日以上の期間をあけなければ給付金の支払い対象とはしない」と規定しているのです。

例えば、がんの治療のために入院し、治療を終えて100日後に退院し、給付金を受け取ったとします。しかしその退院から60日後に再度がんの治療のために入院したとしても、この2回目の入院については給付金が支払われない事になるのです。これは、同じ病気の治療による2回目の入院が、1回目の退院から180日以内だったためなのです。

一般的な病気や怪我であれば、こうした規定に引っかかるという事はあまりないのですが、がんの場合には完治させるという事自体が今の医療技術をもってしても難しいという事もあり、治療が長期化してしまうため、対応策が必要だとも言えます。


生命保険の基礎知識一覧に戻る

失敗しない保険の選び方はこちら
06、医療保険選びのポイント  >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み
保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.