学資保険の特徴と使い方

生命保険の見直し・比較なら【保険ゲート】
(株)ディノス・セシール

保険ゲート  >  生命保険の種類  >  学資保険の特徴と使い方

学資保険の特徴と使い方

学資保険

子どもの教育資金・・・どの程度必要?

子どもの成長は喜ばしいものの、かかる費用は悩ましいものがあります。
子どもの未来では、幅広い選択肢や希望する学校への進学など、
親として十分な準備をしておきたいものですね。
では、一体どのくらいお金がかかるのでしょうか?
まずは、将来必要とされる教育費についてみていきましょう。

参考:
国民生活金融公庫総合研究所「平成18年度 家計における教育費負担の実態調査」、文部科学省「平成18年度 子どもの学習費調査」 「私立大学等の平成18年度入学者に係る初年度学生納付金等調査結果」「文部科学省令」、独立行政法人日本学生支援機構「平成16年 度 学生生活調査報告」をもとにセールス手帖社保険FPS研究所試算
教育資金 幼稚園・保育園 小学校 中学校 高校 大学
公立 50.2万円 200.4万円 141.5万円 156.1万円 国立 自宅 498.2万円
下宿 841.7万円
私立 107.6万円 823.8万円 380.7万円 313.5万円 文系 自宅 699.9万円
下宿 1028.6万円
理系 自宅 830.8万円
下宿 1159.5万円

貯蓄性&保障で 子どもの成長をサポート

たとえば、幼稚園から大学まですべて公立の学校でも約1,248万円。
また、すべて私立の学校の場合は、約2,325万円かかると想定されています。
このような高額な資金をどう準備すればよいのでしょう。
生命保険には、死亡保障だけではなく貯蓄性に重点を置いた保険があります。
教育費を準備する方法としては、返戻率の高い、学資保険を活用する方法があります。

学資保険を選ぶポイント

貯蓄を重視した場合、ポイントは返戻率が高いことです。

デメリットとしては、途中解約の場合は、元本割れもありますので、確実に継続できる
保険料で契約するなど、長期計画での検討が必要となります。

保険相談サービス
保険の種類

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を
ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、
無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、
満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み

他社とは違う「保険ゲート」3つの安心ポイント


プロによる保険相談サービス

お好きな場所&時間でご面談

サービスの流れ

キャラクター紹介

ビジネスパートナーお問い合わせ

保険ゲート
株式会社ディノス・セシールはプライバシーマークを取得しています

Copyright (C) 2011- 保険GATE. All rights reserved.