生命保険の無料相談サービス「保険ゲート」

(株)セシール
生命保険の見直し・比較なら【保険ゲート】

生命保険の基礎知識

(株)セシール

変額保険とは?種類やメリット・デメリットを解説

更新日:
生命保険の基礎知識

変額保険とは、資産運用の実績に応じて保険金の受取金額が変わる保険です。

資産運用と聞くと、ギャンブル性が高く、ハイリスクなイメージがあるかもしれませんが、上手に運用できるとメリットも十分あります。

今回は、変額保険の種類やメリット・デメリットに加え、投資信託との違いなど、みなさんが思う疑問点を解決していきます。

目次

1.変額保険とは?

変額保険とは、契約者が保険会社の準備する債権や株式などの金融商品から、自分の考えにあった投資先を選び、その運用実績に応じて保険金や解約返戻金などの受け取り金額が変わってくる保険です。

運用実績が良ければ、受け取り金額が増えますが、良くない場合は目減りします。

死亡保険金・高度障害保険金については最低保証がありますが、解約返戻金や満期保険金の最低保証はありませんので、注意が必要です。

1-1.投資信託との違いは?

資産運用を検討する方であれば、変額保険と投資信託どちらがいいのか、どう違うのかは気になるのではないでしょうか。


まず一つ目に、大きな違いとしては、生命保険としての保障があるかないかです。

投資信託は、運用により個人資産を増やすことが目的で、実際に運用するのは手数料を差し引いた正味の投資金額になります。

一方で変額保険は、死亡保障や高度障害といった生命保険としての保障を備えつつ、払った保険料の一部で資産運用を行い、将来受け取る保険金を増やすことが大きな目的です。


二つ目の違いは、税制面です。

投資信託は、個人所得になりますので、運用により利益がでれば、所得税や住民税がかかります。(NISAを使用した場合は非課税となります)

また、ご本人が万が一亡くなった場合は、財産の相続手続きなどが必要です。

しかし、変額保険は生命保険ですので、保険料については保険料控除対象になります。万が一、被保険者が死亡した時は、契約時に指定した受取人へ保険金がスムーズに支払われることも特長です。


三つ目は資産運用の投資先とその運用です。

投資信託を始めようと思ったら、まずは投資内容や規約(目論見書)などを確認し、自分で運用先を決めなければいけません。

また、もしも途中で投資先を変更したくなった場合は、解約して新しい投資信託を買う必要があります。

同一ファンド内であれば、スイッチングという方法もありますが、手数料がかかることがあります。(同一金融機関内であればスイッチング無料の場合もあります。)

その点、変額保険は、保険会社によりある程度投資先が絞り込まれているため、個人投資のように一から投資先を検討する手間が省けます。

投資先変更をする場合は、保険契約を続けながらできます。(無料で行える投資先変更は、回数制限がある場合が多いです。)

なお、変額保険は生命保険ですので、健康状態によっては加入できない場合もあります。告知事項をしっかり読み、加入検討を行ってください。

1-2.特別勘定とは?

保険会社が契約者から預かっている保険料は、一般勘定と特別勘定に分けられます。

一般勘定とは、一定の予定利率を契約者へ保証し保険会社が資産運用をする勘定です。保険会社の業績に関わらず、契約時に決めた保険金や解約返戻金が支払われます。

それに対し特別勘定では、保険料の一部を保険会社が用意した株式、証券などから契約者の責任において資産運用をします。

仮に運用実績が悪くなった場合でも、死亡保険金については最低保険金額が保証されていますが、解約返戻金や保険金額は、ほとんどの場合少なくなります。

特別勘定に複数の投資対象商品を選択できる場合も多いので、事前に調査しましょう。


また、保険商品なので10年、20年といった長期間の契約が基本です。

そのため、契約期間中に社会情勢などが変化していった場合、特別勘定の投資割合を変更することもできます。(変更回数に制限があるなど、保険会社により取り扱いが異なります。)

1-3.保険料と保険金

保険料と保険金

保険料の支払いは、他の生命保険と同じく年払いや半年払い、月払いが選択できます。

投資面を考慮し、年払いなどまとめて支払う場合がいいように感じるかもしれませんが、無理のない設定を行いましょう。

保険会社やその投資先によって、日本円で払う商品と外貨で払う商品に分かれます。

一般の生命保険と比較し、保険料が安いとも言われていますが、それは、変額保険は解約返戻金などが減額になるリスクがあるためです。

保険料の安さだけでの判断は危険ですので、仕組みを理解しましょう。


保険金は、運用実績により受け取り金額が変わりますが、死亡保険金には最低保証額が設けられています。(商品によって高度障害の最低保証もあります。)

保険会社によって異なりますので、契約締結時によく確認しましょう。

1-4.変額保険の加入に向いている人とは?

変額保険はそもそも保険商品ですので、基本的に長期間の契約となります。そのため、10年20年と長い目で見て、辛抱強く資産運用ができる人に向いています。

また資産運用をしながら、死亡保障や高度障害の保障がついているという特性をしっかり理解している必要があります。

投資信託は、自分自身の資産を増やす目的で行うことがほとんどだと思いますが、変額保険は死亡保障を備えています。

将来のための資産運用を行い、さらにご家族など身近な人のために少しでも多く資金(保険金)を増やしたいという方に向いていると言えるでしょう。

他には、変額保険は変動リスクがあるため、同じ保険金額の死亡保険と比較した場合、保険料が安価です。保険料を抑えたい方も加入検討してみましょう。

2.変額保険の種類

変額保険の投資性だけではなく、保険としての種類も見ていきましょう。


2-1.終身型

終身型は、死亡保障が一生涯続く保険です。

運用実績により、保険金額や解約返戻金は変わってきますが、死亡保障には最低保証がありますので、契約時に定めた死亡保険金額は確実に受け取ることができます。

死亡保障のため、保険金受け取りはご家族などになりますので、変額保険に加入していることを伝えておきましょう。

終身型

2-2.有期型

有期型は、保障期間があらかじめ決まっており、契約満期になると運用実績に応じた満期保険金の受け取りができる保険です。

終身型と同じく、死亡保障には最低保証がありますが、解約返戻金や満期保険金には最低保証がなく、運用実績により変動があります。

有期型

2-3.年金型

契約時に決めた年齢になると、年金として保険金の受け取りを行う個人年金型の保険です。

終身型・有期型と違い、死亡時の最低保証はありません。また、解約返戻金や満期保険金の金額は運用実績により変わります。

満期保険金を一括で受け取りたい場合は有期型になりますが、老後資金としてコンスタントに活用したい場合は、年金型を検討するとよいでしょう。ただ繰り返しになりますが、運用実績によっては、契約時に目論んでいた老後資金が目減りすることもあるので、このタイプの商品を選択する場合は、十分な注意が必要です。

年金型

3.変額保険のメリット

投資性の高い変額保険。特性や考え方によってはメリットも十分あります。

3-1.所得控除の対象になる

変額保険は生命保険ですので、所得控除の対象になります。

払込保険料は、生命保険控除対象になりますので、毎年10~12月ごろ保険会社から郵送される控除証明書を保管し、年末調整や確定申告を行いましょう。

ただし、変額保険の満期金や解約返戻金は一時所得扱いとなりますので運用が良ければ課税対象となります。

生命保険控除の計算方法(新制度)は、下記の通りです。

控除額には上限がありますので、すでに複数の生命保険に加入している場合は、特にしっかり確認しましょう。(新旧制度がありますので契約年により控除額に違いがあります)

所得控除の対象になる

出典)国税庁

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1140.htm

3-2.インフレに強い?

変額保険の一番のポイントとも言えます。

今の日本は資本主義ですので、物の価値は需要と供給のバランスや、社会情勢によって変動します。

そのため、インフレによる物価上昇が起きた場合は、株式や証券も連動して価値が上がる可能性が高くなりますので、そこに投資し運用することで、受け取り保険金が増えます。

変額保険は資本主義経済をうまく利用するためにある保険といっても過言ではないでしょう。

3-3.運用次第で保険金が増額となる

保険料を資産運用すると聞くと、ハイリスク・ハイリターンで怖いと感じるかもしれません。

しかし、死亡時の保険金には最低保証が設けられていますので、運用がうまくいかなかった場合でも、契約時に設定した死亡保険金額を受け取れるうえ、運用実績によっては死亡保険金や解約返戻金が増額となります。

保険商品によっては、高度障害時の最低保証もあります。

保険会社により保障内容に違いがありますので、加入検討を行う際は、どの保障に必要最低保証があるかよく確認しましょう。

3-4.他の生命保険より割安?

変額保険は、資産運用における利益を見込んでいるため、資産運用にかかる諸経費を考えても一般の死亡保険と比べると保険料は割安になっています。

4.変額保険のデメリット

変額保険のデメリット

変額保険という商品名から分かるように、保険金の受け取り金額が資産運用次第で変わってきます。

保険商品としての契約内容だけでなく、資産運用の知識も必要とされます。

4-1.運用リスクが発生する

株価や金利の変動による運用がうまくいけば、契約時に定めた金額より多い保険金受け取りが可能です。

一見メリットに感じるかもしれませんが、資産運用がうまくいかなかった場合や、経済がデフレに傾き、株や債券の価値が急落するといったことが起きた場合を考えてみましょう。

死亡保険金は最低保証されているため少なくなることはありませんが、満期保険金は運用により少なくなることもあります。

また、運用にあたっては、保険会社により投資先が異なりますので、事前調査や運用知識は必須です。

契約期間中に、運用に充てている特別勘定の種類や割合を変更できることも多いので(スイッチングと呼ばれています)契約内容をよく確認し、運用実績を定期的にチェックしましょう。

4-2.解約返戻金の最低保証がない

死亡保険金の最低保証はありますが、解約返戻金は運用実績により変動します。

一般的な生命保険は、払込期間により解約返戻率が決められていますが、変額保険は運用次第で増減します。

生命保険ですので、基本的には長期の契約となります。

その間に解約することはできる限り避けたほうがいいため、長期間の資産運用をしっかり見込んで加入検討を行いましょう。

5.まとめ

変額保険は生命保険です。まずその点をしっかり理解し、加入目的を明確にしましょう。

投資信託と迷われる方が多いかもしれませんが、まったくの別物です。保険商品としての内容把握だけでなく、資産運用の知識も必要です。

保険会社によって特別勘定の資産運用商品も異なりますので、できれば事前に何社か比較する、変額保険に詳しいファイナンシャルプランナーへ相談するなど、事前調査をしたうえで、契約を行いましょう。

記事作成

【保険取扱代理店・募集代理店】(株)セシール 保険サービス

前の記事へ
生命保険の基礎知識
生命保険の基礎知識

01、生命保険の基本 >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、 無料で担当FPを変更させて頂きます。 また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、 満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み

FPチェンジ制度

保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、 無料で担当FPを変更させて頂きます。 また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、 満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み