生命保険の無料相談サービス「保険ゲート」

(株)セシール
生命保険の見直し・比較なら【保険ゲート】

生命保険の基礎知識

(株)セシール

外貨建て保険は資産運用のメリットあり!一般的な保険とはここが違う!

更新日:
生命保険の基礎知識

マイナス金利時代の資産運用として、最近になって注目度を高めているのが外貨建て保険です。

国内の保険(円建て保険)でも、積立式であれば少々の金利が付きますが、その利率はごく小さいものです。

しかし、日本よりも何十倍も利率の高い外貨建て保険を利用すれば、ちょっと良い利回りで資産が膨らんでいくとウワサされています。

もちろん、外貨建て保険にも生活の安心をサポートする保障があります。

資産運用が難しいとされる現在、円建保険から外貨建て保険へ切り替える人も増えているようです。

そこで外貨建て保険に興味のある方へ、その特徴やメリット・デメリットをはじめ、外貨建て保険の選び方までをご紹介していきます。

目次

1.外貨建て保険とは保障を備えた資産運用商品

はじめに、外貨建て保険がどういうものかを確認しておきましょう。

文字通り、日本円ではなく他の国の通貨でかけていく保険を意味します。

具体的には、米ドルとかユーロとか、保険大国のイギリス・ポンドやオーストラリア・ドル、中国元でも保険をかけることができます。

外国の通貨で保険料を支払いながら、保険金や解約返戻金を外貨で受け取るのが外貨建て保険の特徴です。

ですから、保険料は料金分の外貨を円換算しながらの支払いになりますし、受け取るお金も円へ交換する必要があります。 また、保険会社によって取り扱っている外貨・通貨が異なりますから、どの通貨を選ぶかもポイントになります。

1-1.外貨建て保険の仕組み

国内で営業をしている保険会社の多くが外貨建て保険を販売していますが、その基本的な仕組みは同様で、おおよそ次のような形で保険サービスが行われています。

1-2.円で支払った保険料は外貨で資産運用される

ほとんどの契約者は、外貨建ての保険料を、定められた日のレート(円入金特約用為替レート)で換算された日本円で支払います(外貨で支払うことも可能です)。

保険会社は受け取った保険料を外貨で運用します。

保険金や解約返戻金は、定められた日のレート(円支払特約用為替レート)で換算された日本円で受け取ります(外貨で受け取ることも可能です)。

円で支払った保険料は外貨で資産運用される


上の図にあるように、毎月の外貨建て保険料に相当する日本円で支払います。

もし、このときに為替レートが円高なら、円換算で支払う額が安くなります。 反対に円安の場面なら、支払額が高くなるのが外貨建て保険の特徴です。

1-3.保険金や解約返戻金は為替レートに応じて、円に換算してから支払われる

次に保険金や解約返戻金の受取時はどうなるのでしょうか?

たとえば3万ドルの生命保険契約中に保険金が発生した場合、その3万ドルは支払時の米ドル/円の為替レートに応じて円へと換算されます。

そこでポイントになるのが、レートの値です。

もし、1ドル90円であれば、270万円の保険金を受け取ります。

また、1ドル110円ならば、受け取る保険金は330万円となり、その差が60万円にもなります。

このように、そのときの為替レートによって支払額や受取額に差額が生じるため、外貨建て保険は資産運用的な要素が強いと言われているのです。

1-4.保険料支払いと保険金受取で為替手数料がかかる

保険料の支払いでは、まず円を外貨へ交換するため、為替手数料がかかります。

もちろん、保険金や満期などの解約返戻金を受け取るときも同様です。

この為替手数料とは、通貨を他の通貨へ交換する際にかかる銀行の手数料です。

たとえば海外旅行で円をアメリカ・ドルと交換する場合、銀行は実際のレートに為替手数料を加えた金額で交換します。

実際のレートが1ドル=100円だったとしましょう。

このレートであれば100ドルは1万円で購入できるはずですが、実際は、1ドルあたり最大1円の為替手数料(※保険会社により異なるがTTS(対顧客電信売相場)以内)を加えた1万100円程度を支払うことになります。

逆に保険金を受け取る場合にも、1ドルあたり1円の手数料がかかります。これをTTB(対顧客電信買相場)といいます。

例えば10万ドルの保険金を受け取った場合、これを円に換えるために10万円の為替手数料がかかることになります。

つまりアメリカ・ドルの場合なら、往復の交換で1ドルあたり2円の為替手数料がかかります。

このように、外貨建て保険には円建て保険にはないコストがかかる点に注意が必要です。

2.外貨建て保険と円建て保険との違い

外貨建て保険の仕組みをご覧になれば、一般的な円建ての保険とはかなり違った特徴があることにお気づきでしょう。

そこで両者の違いをはっきり言えば、外貨建て保険と円建て保険とでは積立利率(保険会社が資金を増やす利率)が大きく違います。

その差は加入者が支払う保険料や、受け取る保険金に影響します。

2-1.外貨建て保険は積立利率が高いので保険料が安い?

保険会社は保険加入者から預かる保険料を運用して、加入者へ保険金を支払うための資金を準備しています。

一般的に保険会社の資金の運用先として、株式売買や外国証券、また『先物・オプション・スワップ』などの、デリバティブと呼ばれるマーケットが考えられますが、これらの金融商品はリスクが高いため、元本を減らしてしまう可能性が高まります。

そこで保険会社では、基本的には損益リスクの小さい国債や企業が発行する社債などに優先的に投資することで、比較的ローリスクの資産運用をしています。

損益リスクの小さい国債や企業が発行する社債

出典1)ブルームバーグ・マーケット

https://www.bloomberg.co.jp/markets/rates-bonds

現在では、世界中でゼロ金利・マイナス金利の政策が行われているため、どこの国債も利回りが相当に低くなっています。

ですが、日本の国債の利回りは特に低いことをご存じでしょうか。

日本の10年債は年0.01%と、アメリカの0.94%オーストラリアの1.00%と比べてはるかに低くなっています。(2020年12月20日現在)

従って、利回りが低い日本国債で資産運用する円建て保険よりも、利回りが高い米国債やオーストラリア国債で運用する外貨建て保険の方が高い積立利率となります。

つまり外貨建て保険は同等の保険金額であれば、円建て保険よりも保険料が安くなる傾向があります。

また、終身保険の場合、支払った保険料に運用利回りが加算されますので、支払が完了した後の解約返戻金が増額する可能性が高いのです。

解約返戻金が増額

2-2.外貨建て保険は資産運用の金融商品

外貨建て保険は保険金・給付金など保障が得られる保険商品ではありますが、加入者の方は為替レートの状況や、運用利回りについてしっかりとチェックして、リスクを回避しなければなりません。

この判断が正しければより多くの利益が得られますが、反対に誤ると支払った保険料よりも受取り額が小さくなる元本割れのリスクがあります。

このように、外貨建て保険は万が一の保障に加えて、資産運用として『金』や『投資信託』や『不動産投資』と同じように、現金を増やすための資産運用手段としても利用できます。

3.外貨建て保険のメリット&デメリット

ここまでの説明で、おおよそ外貨建て保険の特徴がお分かりいただけたことでしょう。 では、外貨建て保険のメリットとデメリットを以下のようにまとめました。

メリット

資産運用の点から見ますと、外貨建て保険は株式市場や先物市場の下落につられて悪化する心配が少ない金融商品です。 低利率ではありますが、確実に資産が積み上がっていくので、長期に保険をかけることで利益アップが期待できます。

メリット

短期で解約する場合は、いくら外貨ベースでの元本保証があったとしても元本割れのリスクがあることに要注意です。 とくに外債と株式を組み合わせる変額タイプの外貨建て保険の場合、 元本以上のリターンを得るには10年を超えて、長期的に保険をかけていく必要があるかもしれません。

また、積立利率は2020年12月時点で年1~3%の最低保証と低くなってきていて、基本的に大きなリターンが望めない点も知っておきましょう。

4.外貨建て保険の種類と特徴

外貨建て保険の種類は、主に終身保険・養老保険・個人年金保険の3種類があります。

4-1.外貨建て終身保険

外貨建て終身保険

外貨建て終身保険とは、一生涯の死亡保障に加え、年々金利が付いていくメリットがあります。 ただし、為替レートによって受取額が変動すること、支払いと受け取りに手数料がかかる点に注意です。

そこで、初めに一括で保険料を支払う一時払終身保険があります。

元本保証がある保険商品ならば、有期間払込タイプの終身保険に加入し、満期の返戻金でいくらかの利益が期待できます。そこで、こちらの保険の特徴から『教育資金』や『老後資金』目的での利用が考えられます。

4-2.外貨建て養老保険

一定の期間、死亡保障と積み立てを同時にできるのが養老保険ですが、これを外貨建てにすることで、より大きな積立金に膨らむ可能性があります。

こちらの保険も終身保険と同様に、元本保証を活かした外貨による資産運用として有効的だと言えるでしょう。

4-3.外貨建て個人年金保険

外貨建個人年金保険は、老後に受け取る基礎年金をサポートする保険商品です。

支払った積立金を、比較的利率の高い外貨で運用するため、受け取る年金が増額するメリットがあります。

もちろん、為替レートによって受け取れる額に差額が生じることには注意が必要です。

5.外貨建て保険で選択できる主な通貨

外貨建て保険では複数の国の通貨が選べるようになっていますが、人気の高い外貨としてはどんなものがあるでしょうか?

国内の保険会社で提供されている外貨は、おもに次の4つが注目されています。

  • アメリカ・ドル(米ドル)
  • ユーロ
  • オーストラリア・ドル(豪ドル)
  • ニュージーランド・ドル(NZドル)

先にも説明しましたが、日本円より政策金利が高い通貨や、国債の利回りが良い国の通貨を選ぶのが鉄則です。

6.保険料の支払い方法やそのほかの注意点

外貨建て保険は支払方法が円建て保険と同じです。

基本的には、月払い・半年払い・年払いから選択できます。

また、加入時に一括で支払うこともできますが、支払時の為替レートによって円換算したときの支払額が変わってくる点に要注意です。

保険料の支払いは、個々の判断や都合で選ぶのですが、為替レートのリスクを減らすには、なるべく分散して支払っていくのが得策でしょう。

つまり、月払い・半年払いなどに分けて支払うことでリスクを分散できるので知っておいてください。

6-1.月払・半年払・年払のポイント

月払いは為替レートで生じるリスクを最も分散する効果があります。

半年払い年払いの場合は、為替変動の影響を受けやすいので、リーマンショックなどの経済的に不安定な局面では為替リスクが高まります。

6-2.一時払いのポイント

為替相場の状況を見極めて加入しないと、保険料がムダに多額になってしまうリスクがあります。

そこで、外貨と円の為替相場が明らかに円高の場面で加入するのがベストです。

10年スパンの相場チャートなどを確認して、円高の状態かどうかを見極めて加入することも大事です。

つまり、外貨建て保険は、円高の時に加入して、円安の時に保険金を受け取ることができれば成功となります。

ただし、将来の相場は誰も予想ができません。 外貨建て保険は資産運用の要素が強い、金融商品ということを忘れてはいけません。

7.外貨建て保険の元本割れリスクとその対策

まず、外貨建て保険の場合、円換算では元本が保証されない点にご注意ください。

保険料支払いの際の平均為替レートよりも、保険金・解約返戻金を受け取るときの為替レートが大きく円高になってしまうと、結果として受け取る円の金額が低くなってしまいます。

仮に、保険金の受取りのときに急に10%も円高になってしまえば、受け取る保険金の額が円換算で10%減ってしまうことになります。

そこで、元本割れリスクには次のように対策を立てることができます。

外貨建て保険には満期金や解約返戻金をそのまま外貨で受け取れるタイプや、保険金を外貨のまま預かってもらえるタイプがあり、このような商品であれば受け取った外貨をそのままにしておいて、円安になったタイミングで円へ換金することが可能です。

それから税金についても注意が必要です。

保険金の受け取りには税金が発生しますが、課税対象額は受け取った保険金から支払った保険料を差し引いて算出されます。

外貨建て保険の元本割れリスクとその対策

この税計算は円換算で行いますので、為替レートによっては税額が高くなったり安くなったりすることを理解しておいてください。

8.外貨建て保険は、ほかの資産運用より有利なのか?

世界的に長引く金融緩和政策のおかげで、日本をはじめ多くの国ではマイナス金利を継続しています。 その結果、2020年の1月には円建ての一時払い終身保険の標準利率が0%になったとのニュースが報じられました。

これは今までになかった低利率です。

一方、外貨建て保険の予定利率は2020年12月時点でも、かろうじて2%前後をキープしています。

ここが外貨建て保険に加入するメリットの一つです。

ただし、為替変動リスク・元本割れリスクなどのデメリットをカバーしきれるかどうかは、実際のところ為替レート次第です。

外貨建て保険の予定金利は2%前後が相場ですので、やや低いことも確かでしょう。

むしろ外貨建て保険を選ぶより、ほかの金融商品で資産運用する方がメリットは高いかもしれません。

ですが、一概にどの資産運用方法が良いかは決められません。

外貨建て保険は低利率とはいえ、得られる利益に確実性がありますし、資産運用中に万が一のことがあった場合でも保険金という資産を残せるメリットがあります。

未来のことは誰にも分かりませんので、どれが正解かはやってみないと分からないということです。

9.外貨建て保険がおすすめの方とは?

ここまで外貨建て保険の特徴について、いろいろと確認してきました。 そこで、どのような方が外貨建て保険に向いているのかをまとめておきましょう。

外貨建て保険がおすすめの方とは?

10.外貨建て保険の選び方のポイント

さて、自分に適した外貨建て保険の選び方も確認しておきましょう。

10-1.保険の種類と保険期間から選ぶ

外貨建ての保険の種類はおもに3種類です。 終身保険・養老保険・個人年金保険の中から、目的にあった保険を選びます。 運用した資金を何のために使うのか、ここをはっきりさせておくといいでしょう。

老後のための資金が目的の方は、満期が決まっている個人年金もしくは養老保険でライフプランに合わせた保険期間を定めると良いでしょう。

また相続のためならば終身保険、一定期間の死亡保障と、貯蓄機能である満期保険金の両方を準備したい方は、養老保険がおすすめできます。

10-2.外貨の種類とその時の為替相場から選ぶ

保険の種類が決まったら、次に外貨を決めましょう。

先にもご紹介した通り、その通貨を利用している国債の利回りが高いところが望ましいでしょう。

ただし、その国の経済も併せて考える必要があります。

経済が安定していて、その上で国債の利回りが高めの外貨を選んでください。

利回りについては商品パンフレットなどに記載がありますので要チェックです。

また安定した国の通貨として、アメリカ・ドルやユーロなどは一見、選びやすいようにも思えますが、円に対する為替レートを注意深く見ておかないと、将来に為替差損が発生するリスクが潜んでいます。

また、保険会社の投資先となる10年債などの利回りからすれば、先にも述べたとおりに年0.945%のアメリカや年1.008%のオーストラリアが良さそうにも見えます。

ですが、それも将来的に有利だとは限りません。

なお、2020年12月現在を見る限り、為替相場はドルと円が比較的に弱い状態で、ユーロや中国元の方が円に対して強くなりそうな予想が立てられるかもしれません。

このように為替相場の変動の行方を考えて、判断材料にすることは外貨建て保険を選ぶポイントになります。

10-3.最後に保障の内容を確認する

ここまで説明しましたとおり、外貨建て保険にはいろいろな種類があって、目的に合った保障内容を選ぶ必要があります。 単に、資産運用の目的だけで選ぶのは有益ではないかもしれません。

たとえば老後資金のために外貨建て保険を選ぶなら、満期が設定されている個人年金型の保険が良いでしょうし、相続財産として考えるなら満期のない終身保険を候補に挙げることができるでしょう。

また、満期のある死亡保険の場合、被保険者が亡くなられた後でご遺族などが保険金を受け取ると非課税枠が利用できないといったデメリットも知っておきたいところです。

これらは円建ての普通の保険と同様で、きちんと保障内容を判断してから選ぶことが重要です。

10-4.外貨建て保険に詳しいファイナンシャルプランナーのアドバイスは有効

外貨建て保険に詳しいファイナンシャルプランナーのアドバイスは有効

外貨建て保険は内容が複雑で分かりにくいために、一般の保険を選ぶよりも悩んでしまうことが多いでしょう。

WEBなどで色々調べてみても、結局何のことだかわからないというケースも少なくありません。

そこで、外貨建て保険に詳しいFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのは良い方法です。

くわしいFPなら、誰にでも分かりやすいようにかみ砕いた説明をしてくれますし、こちらの疑問点をていねいに聞いてくれるので頼りになります。

なお、2022年4月より外貨建て保険を販売するために専門の資格を取得することが義務付けられています。 これによって、外貨建て保険を販売できる取扱代理店が限られてくるかもしれません。

実は、最近になって外貨建て保険のトラブルが増えています。 ちゃんとした説明が受けられずに、ただ資産運用としてメリットがあると勧められて契約してしまうケースが増えているとのことです。

このようなトラブルを避けるためにも、外貨建て保険にくわしい方のアドバイスを受けるのは大事でしょう。

11.まとめ

超低金利時代で、自分の大切な資産をどう運用していくのか困っている方はたくさんいます。

株式や投資信託といった資産有用はちょっと不安という方もいますし、かといって預貯金ではメリットが無いと思っている方もいます。

そのような方は、比較的低リスクで、資産運用のメリットが得られる外貨建て保険を考えてみるのはいかがでしょうか?

外貨建て保険は利回りが小さいですし、為替リスクもあります。 しかし、年数パーセントの運用利回りが期待できる金融商品ですから、資産の一部を分散運用するのは得策と言えるかもしれません。

記事作成

【保険取扱代理店・募集代理店】(株)セシール 保険サービス

前の記事へ
生命保険の基礎知識
生命保険の基礎知識

06、医療保険選びのポイント >>

「友達に紹介したい!94%」みんなに選ばれた保険相談サービスだから安心。

FPチェンジ制度
保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、 無料で担当FPを変更させて頂きます。 また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、 満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み

FPチェンジ制度

保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)を ご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、 無料で担当FPを変更させて頂きます。 また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、 満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。
無料相談お申込み