生命保険の賢い選び方 FPに無料相談してみませんか?

FPに無料相談してみる

生命保険を比較 万が一の備えや貯蓄も保険で準備!

生命保険は万が一や病気の備えに対するものや貯蓄性の高いものなど色々な使い方があります。

大事なのは保険の使い方を教えてくれる人を見つけること。信頼できるFPを探してみませんか?

生命保険のメリット 節税効果!

生命保険のメリットのひとつは節税効果があること。保険料控除の制度は2012年に変更がありました。

保険を見直すことで最大限活用できることも。上手に活用する方法をお伝えします!

生命保険の注意点 税金がかかるかも!

生命保険には貯蓄性の高い商品もありますが、満期保険金や解約返戻金を受け取る際には税金がかかることがあります。

一方で医療保険やがん保険の給付金は非課税です。こんなケースはどうなるの?という疑問があればFPに聞いてみませんか?

保険ゲートの無料相談で、これらを実現します!!!
FPに無料相談してみる

保険ゲートとは?

保険ゲートはフジサンケイグループのセシールが運営する無料保険相談サービスです。 お客様のご希望の場所までファイナンシャル・プランナーがお伺いいたします。(※一部エリアを除く)

相談実績は約46,000件、家計や保険の見直しなど、多くのお客様にご好評いただいております。 強引な勧誘等は一切ありませんので、安心してご利用ください。

保険ゲートの保険相談3つのメリット

複数の保険会社取り扱いができるファイナンシャルプランナー

保険ゲートの無料保険相談では、FP(ファイナンシャルプランナー)が相談に乗ります。 全国の提携するFP(ファイナンシャルプランナー)をご紹介します。 彼らは特定の保険会社に所属しているわけではありません。

そのため、様々な保険商品の中からあなたの状況に合った保険提案が可能です。

お好きな場所&時間でじっくりと相談

相談場所は、あなたの好きな場所ですることができます。ご家族の状況や家計のことなど、真剣にお話を聞くことから始めます。 そのため、周りを気にせずに相談ができるよう、ご自宅で相談される方が一番多いです。

日程も、お客様の都合に合わせた日時にお伺いができます。申し込んだ後に日程の変更も可能です。

もちろん契約しなくても大丈夫!

保険ゲートの提携FPは、本当に必要だと判断した保険をご提案しますが、決めるのはお客様ご自身です。 相談した結果、今のままの保険の方がいいケースもあります。 その場合は、今の保険を継続された方がいいとご提案させていただきます。

また、万が一、保険相談の内容に納得がいかない場合は、保険ゲートまでお知らせください。 保険ゲートではFPチェンジ制度を設けており、無料で担当FPを変更することもできます。

無料相談の流れ

申込み>審査>面談日調整>面談>何度でも無料相談
FPに無料相談してみる

相談したら契約しなきゃいけないの?

契約を強制するものではありません。

ご相談者に適した提案をしますが、ご採用いただくかどうかは、お客様の判断にゆだねられます。 すべての決定権はお客様にありますので気軽に相談してもOK!

どんな人が利用するの?

男性・女性を問わずお金の知識を付けたい方が多いです

特に生命保険で資産運用できるなんて今まで聞いたことがなかった方や、 資産運用に興味はあるけど、大きなリスクは取りたくないという方が多いです。

資産運用もできるの?

もちろんできます!

保険商品の中には、資産運用に活用できる商品もあります。 当社提携のFPが、お客様のご要望や状況に合わせて資産運用商品を提案させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

貯蓄にも使えるって聞いたけど?

貯蓄としても活用できます!

保険商品の中には、安定的に貯蓄できる商品もあります。 世帯年収や家族構成を加味して、無理なく貯蓄ができる商品を、しっかりとヒアリングした上で提案できます。

最後に

保険は「FPに相談する時代」です

TVを買うときは、家電量販店で店員に相談して購入します。 それと同じで、保険も多くの商品の中から、FPに相談・比較して自分で選ぶ時代です。

知識と経験が豊富なFP(ファイナンシャルプランナー)を活用して、ご自身に合ったオーダーメイドの保険はもちろん、 資産形成の方法を見つけてください。

注意事項

応募に際して
本サービスはFPとの面談を確約するものではございません。
ご登録内容を基に、担当FPを探させて頂きました結果、担当FPが見つからない場合もございます。
担当FPが見つからなかった場合の理由等につきましては、お問合せ頂きましても、お答え致しかねます。
ご面談いただけない方
  • 学生、独身でパート・アルバイト、無職などの世帯年収が不安定な方。
  • 同一世帯からの複数回の申込み (同一FPも含む)の場合。
  • 年齢や病歴等により、FPが提案困難な場合。
  • 保険相談サービス(窓口含む)や知人・親類から加入していることが理由での新規加入や見直しを検討することが困難な場合。
  • ご本人、もしくは親類が保険に関する業種に従事している場合。
  • FPがお引き受けできない場合。
FPに無料相談してみる