ライフステージ別 保険選びのポイント

社会人デビュー

社会人としての自覚・・・これは人によって様々ですが、
まずは親からの経済的な独立、というところからでしょうか。


住まいの同居・別居に関係なく、自分の生活を守るための保障は自分でしっかり準備したいものですね。
就職と同時に保険加入をススメられるケースは多いようですが必要な保障は個人によって違ってきます。

ポイントは3つ!! 今の時代に応じた内容で!

大きな死亡保障は要らない!

独身時代の死亡保障はお葬式代程度で、2,000万~3,000万円の
高額な保障は必要でしょうか?
独身世代が加入するよくある保険のタイプ

医療保障は「今」に対応できるものを!

医療保険をベースに考えるのがオーソドックスな形ですが、就労不能や長期の療養などを考慮したいところ。

また、健康保険が適用されない「先進医療」の手術などに対する備えも
視野に入れて検討した方が保険料もムダになりません。
医療保険は、年齢が若いほど保険料が安く、保障が一生続く終身型がオススメです。

収入保障保険でリスク保障!

死亡保険は収入保障保険にすると割安になります。具体的な商品選びは、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみましょう。

保険のコンシェルジュ(FP)が保険と家計を見直し!


FPチェンジ制度

保険ゲートでは、自信を持っておすすめできるFP(ファイナンシャルプランナー)をご紹介させて頂いておりますが、万が一、担当FPの提案内容などにご不満がありましたら、無料で担当FPを変更させて頂きます。
また、お客様アンケートなどの調査を元に、パートナーFPを定期的に入れ替えることで、満足度の高い保険相談サービスの提供を目指しておりますので、安心してご相談ください。